2011年03月31日

大震災について

こんにちわ♪

みなさまに健康と幸福、心の平安がありますように。
被災した方々が1日も早く平安を取り戻す事が出来るように共に出来ることを行っていきましょう。

今日ここに日記を書いたのは、東北関東大震災の事でや自然災害についての見解を求められたり、質問などもいくつか頂いた為です。
色々と迷ったのですが、少しだけ書くことにしました。


今回の大震災、地球が怒っているとか、人間に対する自然の報復といった事ではまったく無いです。

地球を生命体に例えたなら寝返りにも満たない小さな変動です。
そこに善意も悪意もありません。

地球アセンションに関しては、私の見解はこれまでブログやサイトに書いたとおりです。

大震災で危機感をあおってアセンションマニュアルのようなものが高価で売られていたり、その通りにすれば今後の大災害を免れるなど、いかがわしい情報や情報商材が存在するので注意してください。

私が最初の地震の後に視たのは、自然も植物もこれまで以上に友愛に満ち、傷ついた土地や生き物に愛を送る姿でした。
地球も自然もこれまでもこれからも、変わらず愛を与え続けてくれるでしょう。


霊的な側面から言えば、地震や津波が人を狙って災害を与えるのではありません。
地震で災害が起きる場所に、「災害」に合うという経験が必要な人が引き寄せられています。

それは裁きや罰などではなく、各々の人に必要なひとつの機会と経験としてです。

そして今回に限らず大災害にあう人たちの多くは、苦難にしろ死にしろ、それを承知で人生のプランを組み、そして生まれてきます。

ですからカルマ的なに言うなら、大災害は死した人よりも生き残った被災者の方により大きな影響があります。
財産や住む場所を失い、果てには友人や家族、愛する人を失うという壮絶な経験は、それを乗り越えた人に
強い心と深い愛をもたらすと思います。

私が今回の大災害後に視たビジョンは、黄色く大きく輝く光に向かって、とてもたくさんの人が歩いて行く姿でした。
それは苦しみも否定もなく、ただ美しい光に向かって整然と歩く姿でした。

死した人たちの魂は、全てを承知でその人生を選び、その多くは神の慈悲に見守られこの世界を去りました。

死が終わりではありません。
魂は神と同じ性質を持つ永遠不滅のものですから、私たちはこの世界でも、上の世界でも、来世でも遠い未来でも、愛する人たちと再開することが出来ます。


実際に被害にあった人たちの悲しみや苦しみを考えると大災害に関連する事は気持ち的にやはり書きにくかったです。


あと、分かち合うだけの余裕のある人はほんの少しづつでも構わないと思います。
愛を込めて形のある支援を共にしましょう。

私も知人に食べ物を送ったり、義捐金を寄付したり節電したり、あと、復興の土台固めと思い日々の仕事を一生懸命やってます。

今一番求められているものは、言葉よりも愛と行動であると私は思います。
千の祈りの言葉より一つの行動が勝る時があり、今はその時です。

いつもありがとうございます。
posted by ☆ウリエル☆ at 16:08| Comment(9) | TrackBack(0) | カルマの法則

■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり 精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト
より詳しい情報があります♪
■天空の庭さき-angelbook-
携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪
■メールマガジン登録はこちら♪
護符待ち受け画像付です♪ です♪