2010年07月31日

外なる世界と内なる世界

こんにちわ♪

さて、質問です♪

世界はどこにあるのでしょう?


こんなアバウトな質問を即答できる方もなかなか居ないと思いますが、禅問答の一種と思ってちょっと考えてみてください♪

























普通のはこの宇宙や太陽系、地球などを思い浮かべると思います♪
しかしながら、私たちは肉体や精神的な感覚を通して外部から受け取った情報を元に自分の内に世界を構築しています。

つまり、外なる世界と内なる世界、2つの世界があります。

これは別れた異なる2つの世界ではなく、1つの世界です。


例えば霊能者が体外離脱する時に、霊能者が体験しているのは体外離脱という言葉とは裏腹で、内なる世界の方です。

もしその霊能者の心が歪んでいれば、体験する世界も歪んでいます。

真実の世界を体験するには、曇り無い心が必要です。

外なる世界と内なる世界は同じ一つの世界ですが、それぞれ異なり、心の清めと愛によってのみ、この2つの世界は完全に一致します。

そして外なる世界は内なる世界に変化を起こし、内なる世界もまた外なる世界に変化を起こします。

そこに「思いが実現する」という力の秘密が隠されています。


いつもありがとうございます♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 13:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 高次の世界

2010年06月18日

見守る存在

こんにちわ♪

なんか最近仕事の話が増えて来たようにも思うので、今日はもう少しだけ高次世界の事についてお話しします♪
守護霊とかガイドとか守護天使とか、目に見えない私たちを手助けする存在の話が、スピリチュアルな分野には良く出てきます。
そういった存在には格がとかランクがあるように言う人もいます。

まあ、確かに人それぞれ、見守ってくれている存在は違います。

でもこれだけは知っていてください。

もし私が死んだら、きっと生前愛した人たちを見守り手助けをするでしょう♪
成仏しようが何処に居ようがそれは変わりません。

人間誰しもに、そういう気持ちで見守ってくれる仲間がいます。

そして神も天使も良きあらゆる魂達も、無限の愛で分け隔て無く私たちを見守っています♪

現代人の多くは、心の耳を澄ますこともなくそういった存在に築かなかったり無視し続けていますが、今この瞬間も見守られているんですよ♪

誰しもです♪

いつもありがとうございます♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 高次の世界

2010年06月17日

体外離脱の条件

こんにちわ♪

お気遣いや祈りを感じるときがあります。
いつもありがとうございます♪

今週は一回体外離脱をしました♪ とても短い時間でしたが忙しい割には案外エネルギー的には充実しているみたいです♪

体外離脱に成功したその時、今一番したい事は何かと考えたらトイレに行くことだと思いました。
でも身体がなかったので結局そのまま目覚めました(笑)

このパターンはこれで数回目です(笑)

たまに体外離脱の方法について訪ねられる時がありますが、心を清めて愛を持って生きることと、瞑想でエネルギーが十分な時と、そのほかにもいくつかの条件が重なったとき、割と自然に起きます♪

その他の条件というのは時間、時期、星の巡り、その日1日の流れといった感じです♪

いつもありがとうございます♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 高次の世界

2010年06月10日

高次の認識の基礎

こんにちわ♪

最近は仕事で色のことばかり考え、カラーチップばかり見ているので夜目をつむると鮮やかな色が幾重にも現れては消え、現れては消えを繰り返します♪

今を生きる力 日常のフォーカス力が増すとその日の印象的な出来事がまるで動画再生のようにまぶたに写るようになります。

この力は高次の認識を得る基礎と成るものです♪

いつもありがとうございます♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 高次の世界

2010年03月23日

光り輝く本来の姿


こんにちわ♪

今日は一応アナウンスを♪

予定通りに無事に作業を終えられればなのですが、今週末にはブログをお引っ越し出来そうです♪

それとサイトのリニューアルの方も文章の手直しや書き足し、Q&Aくっつけたり、かなり大幅に変わります♪
月内にはアップ出来るかなぁ? といった感じです♪

とりあえずWEBサイトの方をアップして、そのあと携帯用のサイトへの落とし込みをしたいなと思います♪



さて、今日は小話を♪



神の似姿である私たちの魂は、ちいさなちいさな神の欠片です♪

故に私たち人間の全ては、その根源に魂という神性を持ちます。

かつて私たち人間はその性質故に、天使的な存在でした。

そんな私たちがこの物質の世界に縛られる事になったのは、物質の織りなす美しさに魅せられて、たった一輪の花を手折ったような出来事からです。

私たち一人一人にとってのカルマとなった「原罪」とはこの

ようなものでした。



私たちは、日々の取るに足らないような小さな出来事ももっと見つめなければなりません。

多くの人間は、心の中で花を手折るよりも、もっと良くない事を考えたり、実際に行っているからです。


私たちの良心は、どんな小さな悪でも見逃さずに声をあげます。

良心の声に耳を傾け、日々心清めて愛を育む事で

私たちは光り輝く本来の姿を取り戻せるのです。
本当にいつもありがとうございます♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年09月16日

見えない世界〜まとめ

こんにちわ♪

来週はシルバーウィークですね♪ 
私の会社のゴールデンウィークは5連休であったので、次のシルバーウィークも私的には実質ゴールドです♪

最近、久しぶりに太陽の下で瞑想をしました。
家も会社も昼間は日当たりが良いとは言えないので、その日は住んでいるマンションの屋上に行って座り込みました。

太陽の光は本当に強いエネルギーを発していますね♪

私たちの生きるこの世界には色んなエネルギーがあります。
例えば電気、火力や熱、光、音、水力や風力といったもの私たちが日常的に使うエネルギーに変えられています。

私たち人間の生命エネルギーなども、もちろんエネルギーです♪

私たち人間が自然から吸収しているエネルギーのほとんどは、実は太陽エネルギーからです。

例えば太陽の光で光合成を行って植物は成長する訳ですから、私たちが野菜や果物を食べるとき、私たちは少なからず、形を変えた太陽光を食べているとも言えます。

これは魚や肉にも同じような事が言えます。

大げさに言えば、食物連鎖の源は太陽光と言えるかもです(笑)
(実際はそんなに単純ではありませんが)

太陽光には、私たちの生命エネルギーと同じ周波数帯のエネルギーが含まれていて、太陽光を浴びているだけで、いくらかのエネルギー補給になります。

日光浴や太陽瞑想お勧めですよ♪

ただ、熱で体力が奪われると逆に疲れてしまうので、日の光でエネルギー補給をする時は、朝日や夕日が優しくて良いです♪
私は日中の日差しの強いときは5分程度日光を浴びて、その後は木陰でクールダウンなんてのも良いです♪
女性は紫外線が気になるかも知れませんが(笑)

やる気でないなぁ〜 なんて時は是非お試しを♪


さて、今日も見えない世界についてです♪
大枠はだいたい説明出来たので、今日はまとめをみたいな感じです♪

見えない世界 まとめ

私たちの世界と重なり合うように存在する見えない世界について、私が体外離脱をしたときに見たり聞いたりした体験から説明してきました。

見えない世界の階層を「物質界」「幽界」「霊界」「神界」といったように順繰りに説明をしていくと、これらの世界があたかも四重の塔とか、あるいは地層のように折り重なっているような感覚を持つかも知れません。
そして霊能者やヨギなど、特別な一部の人間が体験する世界、死後の世界として、今の自分自身にはあまり関係の無い世界というように感じる方もいるかも知れません。

実はそうではありません、世界の全てと重なり合うように存在し、全てのものと関わり、影響をしあう世界です。
今これを読んでいるあなたとも、過去、未来、現在、今この瞬間も影響し合っています。

ここから書くことが、この見えない世界の本質です。

何度か説明してきましたが、多くの場合、私たちはこの目には見えない世界を睡眠中に体験しています。私たちの心、霊、魂が、高次世界で交流を行っているからです。
心は日々の感情や行いなど、人間として人生のあらゆるデータを高次の自我へと送信します。
魂はそれを受け、今後のプランを霊と心に送信します。
霊(潜在意識)は心と魂を繋ぐ調整と実質的なプランナーとしての役割を果たします。
この時の交流や、霊的な活動の記憶を、私たち人間は夢として覚えていたりするわけです。

私たちが目を覚まして日々の生活を送っているとき、私たちの霊や魂は何をしているのでしょう?私たちの心も霊も魂も、絶えず活動しています。
ただ、私たちが目を覚まして仕事や勉強をしたりこの物質世界で何かをしているとき、心(顕在意識)があまりに優位であるために、霊(潜在意識)や魂(超意識)を実感する事はなかなかありません。しかし実際には霊も魂も、高次の力も高次の世界も常に働いています。

例えば愛する誰かの幸福を祈ったとき、そのエネルギーは幽界や霊界に形成され、高次の光を導き届けます。 

私たちが目をつむって何かを考えるとき、感情のエネルギーが幽界(アストラル界)に形成されます。

私たちが周りの景色さえも分からないぐらい、ぼーっと自分の意志とは関係ないことを思い浮かべている時、感情や思考は幽界(アストラル界)や霊界(メンタル界)に形成されています。

そして私たちが何か大きな過ちを犯したとき、その情報とエネルギーは霊体の一部、に伝達され、記憶されます。

私たちは瞑想を通じて神のエネルギーを体感し、光を見つめることが出来ます。

今生きている一瞬一瞬の全てにおいて、私たちは高次世界と影響し合いながらこの宇宙に何かの変化を与え、何かを創造しているという事なのです。
良いことも、悪いことも、全ての思いと行いにおいてです。

ですから、是非、高次世界も含めた全ての世界において、自分自身が良き創造者であるように努めてください。
そうすればいずれ私たちは神の随伴者として、本当の良き創造者になることができます♪それが私たち人間の輝ける未来の姿です♪

良い思いと行いによって良き創造者になりましょう♪



■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 14:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年09月10日

死後の世界

こんにちわ♪

先週は軽井沢で結婚式を挙げてきました♪
7月の入籍の時にはあまり実感が沸きませんでしたが、挙式で家族から祝福を受けるとやはり実感が沸きますね♪
あともう一つ、実感の源は左手の薬指の指輪でしょうか?
まだ慣れないために、いじくってばかり居ます(笑)

まずは自分自身の家庭、そしてお互いの家族を幸せにしようと心からそう思いました。

ここを訪れてくださる方々にも本当に沢山のお祝いのメッセージやお祈りの気持ちを頂きました。

あらためてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました♪

これでようやく気持ち的にもホッとできるかなと思います♪


さて、今日も見えない世界の続きを書いていこうと思います♪

まずレプリカの補足ですが、「偶像を崇拝してはならない」
という言葉が聖書にはあります。

世の中には唯一絶対の根源的な神様よりも、目の前にある仏像に手と心を合わせて熱心に拝む人も沢山います。
作り物の神ではなく、本当の神様を崇拝しなさいという事です。

そしてこの言葉にはさらに深い意味があります。

それは人間が作った神、レプリカの神を崇拝してはならないという事です。

偶像とは、なにも目に見える物の事だけではありません。
私たちは宗教や教祖より、女神や天使より、それらすべてをお作りになった神を崇拝するのが正しい在り方です。

今日は 幽界 霊界 神界 などの見えない世界が私たち人間の死後にどのように関わっているのかを書いてみようと思います♪


死後の世界

今世の私はまだ死んだことが無いので実際の所、確かな事は言えないです(笑)
死の細かいプロセスや、輪廻の準備段階など今世では体験してないので不明瞭な点はまだまだ多いです。
体外離脱の際に、この世を去った霊などと出会ったり、場合によっては話をしたり、霊達が陥る様々な状態に関しては実際に知っているので、ここでは私の分かっている範囲の中で、死後の世界を簡単に説明しようとおもいます。

世界の4層構造はこれまで説明してきたとおりです。
私たちの肉体と重なり合うように存在する目に見えない身体が2つあります。
幽体(アストラル体)と霊体(メンタル体)です。
※エーテル体は身体ではなくエネルギーの連絡構造と言えるのでここでは省きます。
 ■人間の構造 のカテゴリーで詳しく説明します。

人間が死ぬとき、まずは肉体と目に見えない身体を結ぶエネルギーのコードが弱り、やがて消滅します。
そして、肉体は徐々に生命エネルギーの供給を受けられなくなり、それが完全にストップした後、肉体は3日以内には死に至ります。
死の直前の人のオーラを観察したことがありますが、肉体のオーラは光を失っていました。

人が死んだとき、肉体と切り離された目に見えない身体は、この時幽界(アストラル界)に存在します。幽界(アストラル界)は物質界に近いので、死後の人間の感覚としては、まだ生きているかのように思い込む場合もありますが、悲しむ遺族などを見て、徐々に自分の死を理解します。
生前持っている死後の世界への意識や知識が、死後の気づきに大きな影響を及ぼします。例えば私が死んだ時にはこれまで体験して知っている世界なので、自分が死んでアストラル界に移行したことにすぐに気づき、状況を理解すると思います。
死後の49日とかありますが、もっと早く幽界を去る場合もありますし、もっと長く滞在する場合もあります。
なんらかの強い感情によって霊が幽界に自縛化される事もあります。
アストラル界に長く滞在する霊や上の世界に帰れない霊のほとんどは、重く汚れたエネルギーで身動きとれなくなっていたり、執着の感情で盲目的になっていたり、エネルギー的に不健全な状態にあります。

幽界(アストラル界)の説明で煉獄という言葉が出てきましたが、死後の人間の中には自分の想念に捕らわれたり様々な理由でこのアストラル界に捕らわれる事があります。
これは夢のカテゴリーで説明したアストラルワーカーのページにも詳しく書きました。

アストラル界には、まるで生前生きていたときと同じように生活している霊も山ほど居ます。彼らには時間の感覚が無く、断片的に幽界(アストラル界)の今だけを生きています。
その為に自分が死んでいることは勿論、自分が置かれている状況においてもほとんど気づくことが出来ません。 彼らの精神状態は夢を見ている人間と同じで、目が覚めれば現実を理解出来るのですが、見ている間はそれを現実だと思いこんでいるのです。
(これはある意味生きている人間も同じです)

自縛化した霊も、捕らわれ状態になった霊も、愛によって救うことが出来ます。
なぜなら全ての魂が還るべき神とは、愛そのものであるからです。

幽界(アストラル界)での時間を経て、死後の人間は霊界(メンタル界)へと移ります。
この段階に認識が移行した霊は、思考的で、理性的で、自分が現在どのような状態にあるかを多くの場合理解しています。
この世界にも、まるで生前の人間のように生活している霊達がいますが、幽界(アストラル界)の住人と大きく違うのは、この領域の住人は、自分が今どこで何をしているかをある程度自覚しているという点です。
霊界(メンタル界)の住人は帰れない霊達とは違い、目的を持って留まっています。
例えば、この世界でなんらかの救済活動を行っている場合もありますし、現世の人を見守っている場合もあります。生まれ変わりの際、魂のプランに関する霊的な準備を行うのもこの領域であるようです。

希にアストラル界同様にこのメンタル界にも自縛化してしまう霊が居ます。
盲目的な奉仕や自己犠牲といった落とし穴にはまってしまった人たちです。

霊界の上層と神界の下層部はエネルギーの違いやそれによって生じる強い障壁が存在します。霊界を経て、やがて神界の下層部 つまり自分の本質である魂へと立ち戻ります。

自己認識が魂へと立ち戻ることなく、霊界から次の輪廻を行うといったケースは多いようで、返済するカルマが多いほどその傾向は強まるようです。

これはまるで、仕事が終わった後に、家に帰らずそのまま仕事場に泊まり込む人間や、あるいは家に帰らず他の仕事に行く人間の様に似ています。

輪廻に関しては、1000年に1度とか言われる事もありますが、実際にはかなりまばらです。
これは人が生まれる環境やプランが整うための待ち時間に関係しています。

たくさんのカルマを追い、今すぐにでも生まれて返済に取りかかれるといった人は、死後3日も待たずに生まれ変わってくることがあります。

逆にカルマの返済が残り少なくなってきた魂は、残されたカルマの性質も高度ですし、それを解消できる環境やプランも限られるために、生まれるまでに1000年というような待ち時間を要する場合もあります。

余談ですが、イエス・キリストがこの地上に生まれるに当たっては、今より1万2千年ほど前から大がかりな準備が進められていました。




■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 14:14| Comment(12) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年08月31日

レプリカ

こんにちわ♪ 

なんとか今日更新が出来ました♪
いつもありがとうございます♪

見えない世界について書いてきましたが、今日をいれてあと3回で大まかな説明はだいたい終えられると思います♪

さてさて、今日は見えない世界の中でも幽界に存在する「レプリカ」について説明します♪

これを読むと、何故おかしな体験をしておかしな事を言う霊能者やチャネラー、ヒーラーがたくさん居るのかがきっとよくお解りいただけると思います(笑)

ある意味これは精神世界の歩き方 番外編っぽくもあります♪


レプリカ世界


見えない世界を私なりにですが出来るだけ分かりやすく説明してきました。ここに書くことは、主に幽界(アストラル界)についての事です。
体験を持っている方や勘の良い方はすでにレプリカという言葉でピンと来ているかもしれません。
感情と想念が形成する幽界(アストラル界)は霊的認識を持ち始めた多くの人が夢や体外離脱において、最初に体験する世界であり、もっとも沢山の落とし穴が存在します。

この四次元領域、幽界(アストラル界)はまさに、物資へと具現化する前段階のエネルギーで構築された世界と言え、物質世界よりはるかに広く繁雑な世界です。
この四次元世界には人が想像できるあらゆるものが存在します。
人の想念が現れては消えていく、そんな感じの世界です。


幽界のページに書いたことですが、ここに善良な神の探求者さえ落とす大きな落とし穴や、
危険が存在します。

すでにこれまで書いてきましたが、この領域には様々な霊的なエネルギーが存在し、人の感情に基づく想念エネルギーや想念体、帰れない霊、悪霊など、悪い存在も沢山います。
そういった存在だけでも混沌としていて十分危険なのですが、この領域においてもっとも大きな落とし穴は人の想念と自分自身の想念です。

この四次元世界には人が想像できるあらゆるものが存在します。

この事がどれほど大きな落とし穴となっているかをここでは具体例をあげながら説明していきます。読む人によっては痛い話になると思います。

幽界(アストラル界)にはあらゆるレプリカが存在する

物質世界に家を立てようとした場合、想念エネルギーが幽界で先に形作られるという事はこれまでも書いてきました。
人が想像できるあらゆるものが存在するのであれば、この領域には私たちの知識や想像の中にあるものは何でも存在するという事になります。
つまりは「天使」「悪魔」「女神」「宇宙人」「UFO」人間の想念が集まれば物質世界に実現せずとも、幽界(アストラル界)においては具現化がなされています。
想念体の説明に書きましたが、私たちが想念を集中して想念体を作り上げたとき、それはそのエネルギーに応じて目的と知性を持ちます。
つまりこの領域には想念体によって作られたあらゆるレプリカが存在します。
もちろん存在にとどまらず、集合意識によって形成された世界観、つまり「三途の川」「天国」「地獄」といった想念で作られた世界観さえもが幽界には存在します。
これは集合意識にかかわらず、個人の想念であっても形成され、落ちる可能性がある落とし穴です。

この事を分かりやすく説明するためにいくつか具体例を上げて説明してみようと思います。
まずは霊的な存在のレプリカです。
ここでは天使と悪魔を題材に書いてみたいと思います。


天使と悪魔のレプリカ

たまに、天使の声が聞こえるとか、見えるという人が居ます。
実は天使の本当の姿や形、つまり天使という存在の真実は、今一般的に言われているようなものとは少し異なります。
故に天使が見えるとか天使の声が聞こえる、チャネリングしているとか、自分は天使だなどと語る人に、以前の私はずっと疑問を持っていました。
「一体何をさして天使と感じたり、あるいは接触しているのだろう?」と。

もちろん偽霊能者や偽チャネラー、妄想家や創作家のような、嘘偽りを口にしている人もたくさんいます。
実際に霊的な力があっても幽界に存在するふざけた霊に騙されている人も居ます。

しかし、ごくたまにですが、そういった偽りではなく、どうやらこの人は本当に何かと接触しているようだ?と思えるような人が居ます。

さてさて、ここに一つの例を書きます。

天使との出会いを強く願う少女が居たとします。
その少女の「天使と出会いたい」といった想念は、やがて具現化しはじめると
エネルギーの塊となります。
願いが込められるたびにそのエネルギーはより大きさと具体性を増します。
やがてそれは想念体となって、具現化されたエネルギーは目には見えずともそこに存在
し始めて、その想念体は大きさに応じて思考を持ち、活動しはじめます。

少女は徐々に、見えないその想念体の気配や存在を感じ始め、天使が身近に来ている
と錯覚するのです。

そして少女は見えずともそこで気配を放つその天使(実際には自分で創った想念体)
とコミュニケーションを取りたいと思い始めます。

この想念体は少女の願望に応え、自分の知性と力の範囲で少女の願望に応えようとします。

この時、もし少女が出会いたいと願った天使が、大天使ミカエルであったとしたら、この想念体は少女がイメージする大天使ミカエルの姿や雰囲気をもつでしょう。

そしてこの少女が天使の事などすっかり忘れて、ふつうの人生を歩んだとしても、
この天使のレプリカは生き続け、創造された目的(天使と出会いたい願い)を遂行
するために、消えるまで働き続けます。

もしこの少女の願いが純粋な信仰や愛であったなら、この想念体は天使の力を鏡のように反射します。それはつまり、天使的なエネルギー、天使的な想念体 と言えるものです。

この少女が天使と出会いたいという願いが不純であった場合は生み出された想念体も不純です。天使の革をかぶった欲望的想念体という事になります。

悪魔に出会いたい少年が作り出すのはもちろん悪魔的思念体です。
同じケースを悪魔に置き換えて考えてみてください。

殺人者が自分の内から「殺せ」悪魔のような声が聞こえたなんて話、聞いたこと在りますが、

さて、その声は誰の声だったのか?

自分の作り出した悪魔的想念体の声、それはつまり、自分の声とある意味同じです。


小さなエネルギーと思考であれば、いつしか消えます。
生み出された想念体はエネルギーの供給源があったり、自給自足のサイクルに入ると相反するエネルギーに消されるなどしない限り存在し続けます。


例えば私が家を守らせてる天使的思念体は私が思い出すたび、つまり毎日祈ってエネルギーを与えているので存在し続けています。

純粋な心で天使との繋がりを求めたならば、それによって生み出された天使のレプリカは、本物の大天使から、直にエネルギーを受け自給自足し始めます。
そうなれば私の祈り無くしても天使的な想念体は存在し続けます。
過去の偉大な魔術師はこの力を利用して土着信仰の神や天使さえ創り出しました。



守護霊、妖精、ドラゴン、ハイヤーセルフ、パワーアニマル、言葉や存在はなんであれ、人の想念体はこの幽界(アストラル界)にあらゆるレプリカを作り出しています。
存在だけに留まらず、天国や地獄など、様々な宗教観に基づく世界などにも至ります。こういったレプリカの存在や世界をそうとはしらずに真実思いこみ体験したりのめり込んでいる人はとても多いです。
ちなみにですが、霊界(メンタル界〜コーザル界)や神界といった高次世界のレプリカさえも幽界(アストラル界)存在します(笑) ビックリでしょ(笑)
霊性や人間性の伴わない霊能者が、天使やキリストと本気で出会ったと錯覚しているような場合の多くは、この領域のレプリカに惑わされています。
瞑想や禅の言葉で、「仏に会ったら仏を殺せ」みたいなのがありますが、つまりそういう事です。

私はこういったレプリカ信仰に状態に陥っている人に過去何回か助言を与えたことがありますが、これまで積み重ねてきたものや、信じてきた事を捨てられずに、神ではなく自分の思いこみへの信念を貫き通す人も中にはたくさん居ます。


世の中には自分自身を霊的なマスターであるかのように言う人も多いです。
私はそういった人の体験が真実か、それともレプリカかをいつも注意深く観察します。
ハッキリ言って多いですよ。
自分の思いこみや妄想、信念が作り出す想念のレプリカを信じ込んでその結果、自分自身を過大視してしまうという落とし穴に落ちている人たち。



これから霊的な世界を探究する人たちへ

注意深くあってください。真実を求めてください。
罠や落とし穴に落ちることがないように、いつでも謙虚に心を清めて愛を持ってください♪

それが見えない世界を探究する時、自分を安全に導く光り輝く灯火となりますから♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年08月24日

神界

こんにちわ♪

もうすぐ8月も終わってしまいますね。
私は夏が好きなのでこれぐらいの時期になると徐々に夏が過ぎるのが惜しい気持ちになります。

思えば今年もものすごい早いスピードで過ぎているなぁなんて思います。

年を取るほど時間が過ぎるのが早く感じるって本当ですね♪
でもそれとは別に、現代は時間の経過が早くなっているなんて言う人も居ます♪

現代人は寿命が長いぶん、一日が短いのかもしれませんね(笑)

とくに瞑想をしているとあっという間に時間が過ぎていきます。

私は同じ年齢の同僚と比べるとだいぶ若く見られますが、深い瞑想しているときは時間が止まっているようにさえ感じることがあります。

昨日は夜に早めに寝室に入って3時間ほど瞑想しました。
私は瞑想をしすぎるのはあまり良くないと考えているのですが長い瞑想でしか得られないものや到達点があることを知っているのでたまに長い瞑想をしたくなります♪

私の瞑想スタイルは寝る前に30分〜1時間の瞑想と、日中は仕事の合間に5〜15分の祈り、もしくは瞑想を数回といった感じです♪
そしてたまに週末に少し長めの瞑想をしたりしています。

お盆休みとか正月休みに、断食したり、たまにアホのように長い瞑想をする時があります。

昨日は週末の間にだいぶ寄りついてきた否定的な存在やエネルギーの浄化と、それがこの場所に訪れた理由を探るための瞑想をしていました。
浄化の方は終わったのですが、原因は今のところ分からずじまいです。
それがどこから来る何だったのか?

瞑想や祈りの答えが得られなかったと思うときってあります。

でも実はそれは違っていて、「知る必要がない」というのも与えられた一つの答えである事があります。

そして、その瞬間答えが手元に落ちてこなくても、すでに問題が解決される未来に繋がったり、あるいは答えに繋がる道を与えられている場合も結構あります。

私たちは、自分で形や結果を決めつけて求めない限りは、どんな祈りや願いも必ず叶えられます♪


さて、今日は四つの階層世界の最後の領域、神界です♪





神界の下層 − 魂の領域

神界の下層

上の画像は私が体外離脱時に体験する神界の印象や雰囲気を簡単な画像編集で再現したものです。
神界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないとも思います。
神界の印象に共通するのは、宇宙空間のような印象で、その空間のすべてが強力なエネルギーに満たされたような感じです。

神界の下層はすくなくとも6次元以上の領域で、アートマ界などの言葉で知られています。

私はこの領域から先の経験がまだ少ないので、分かること分からないことは明確に分けて書きたいと思います。

まず分かっている事ですが、幽界が4次元 霊界か5次元、そして神界より上は6次元以上です。

この場所には人の魂が存在していて過去世の記憶や魂のプランなどを知ろうとした場合、自己認識を持った状態でこの領域にたどり着かない限りそれを得ることは難しいと思います。

霊界の上層(上位メンタル界)あたりから、徐々に階層の区別が難しくなります。
私が体脱時に、霊界の上層からこの領域を見上げるとき、多くの場合は宇宙として見えたり感じたりする訳ですが、実際にここを訪れた時にも、宇宙のように感じます。
輝く星一つ一つがまるで意識を持っているかのようで、それ全体をつつむ宇宙空間のようなスペースも意識が満ちているかのような状態です。個と一体のそれぞれを感じることができます。
この領域を超たあたりから、一体への上昇がはじまります。
個を失って全体の一部となるような感覚です。

神への上昇

上昇が始まるのは、神界の中層からになります。
このあたりはまた様相がことなり、神の光を間近に見始めます。

この神の光は、瞑想時に見る光とは性質が異なり、燃えるような熱感を持った光が霊的な圧力を強風のように放っている感じです。
その圧力のために、これ以上近づけないといった距離が存在します。

私が体外離脱で次元の壁を越えるとき、障壁のようなエネルギーの壁を感じます。
これは水の浅いところと深いところで流れの速さが異なり、その境目に圧力を感じるような事に似ていると思います。
その障壁の数で世界を区切ると説明してきた4階層構造になります。
そして人の意識エネルギーをベースに段階を区切った場合は7つです。

現在まだ不明瞭なこと

6次元以降の世界は正直感じ方も色々と異なるときもあり、様々な宇宙のようでもあります。もし私が体験しているそれらの世界が異なる次元であったとしたら、次元はかなりの数にのぼると思います。
あと、私が神の光と感じたあの光が、もしかしたら神へいたる道のりに存在する強大な存在、例えば上位の大天使なのである可能性も否定は出来ないかもしれないとも思います。

正直この領域は体験が少ないのでまだ分からないことだらけです(笑)
あの燃えるような光の中に入ったらどうなるのか?

実際に体験として神と一つになれるのか? 
それが私の一番知りたいことです。

お亡くなりになったら家族に申し訳ないなぁみたいな気持ちがそれを思いとどまらせています(笑)
まあこの強大な燃えるような光の前まで到達できること自体が今の私にはまだまだ希な体験なのですが(笑)

私自身の体験が増えれば、より高次の世界をもっと具体的に説明できる日が来ると思います。体外離脱の体験も、いずれは体験談にまとめていこうかと思います♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 23:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年08月18日

霊界 (メンタル界・コーザル界)

こんにちわ♪

お盆休みはあっという間に終わってしまいましたね(笑)
連休中にやろうと思っていたこと、いくつかは無事に行うことが出来ました♪

お部屋もそこそこ片付きましたし、18時間とはいきませんでしたが、だいぶ沢山瞑想する事も出来ました♪

サイトの方は、予定していたぶんの内容を書くことが出来ず、更新は結局出来ずじまいでしたが、月内にはアセンションのカテゴリーのあたりまでまとめての更新出来ると思います♪

さて、こっからは見えない世界の続きです♪
長いです(笑)



霊界 − 思考と想念の世界

メンタル界

上の画像は私が体外離脱時に体験する霊界の印象や雰囲気を簡単な画像合成で再現したものです。
霊界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないとも思います。
霊界の印象に共通するのは、静かで心地よく、何もかもが現実以上に明晰であるといったことです。

霊界は、5次元領域で、その下層はメンタル界などといった言葉で知られています。

世間一般で言われる霊界という言葉は、説明する人や、その宗教、思想に応じて結構違うと思いません?
 
それは、幽界と霊界と神界を一緒くたに「霊界」と説明している場合もありますし、死後の世界すべてを霊界と説明している場合もあり、説明する人によって領域の切り分けが異なることが多いからです。

目に見えない世界 = 霊界  死後の世界 = 霊界 といった感じです。

この世界も幽界と同様に物質世界と重なるように存在していて、幽界より、より精妙で高い波動のエネルギーをもつ世界です。
幽界(アストラル界)が感情的なエネルギーに基づき、ぐにゃっとした想念の世界であった事と比べると、この霊界(メンタル界)は思考的で、理性的でより整合された概念やエネルギーの世界です。 
幽界(アストラル界)のエネルギーを肉と例えるなら、霊界(メンタル界)のエネルギーは骨のような感じですし、実際そうです。

この段階から徐々に、人間的な意識を超越した段階へと入っていきます。
この世界は明晰で、私たちの意識は、細胞ひとつにもフォーカス出来るほどの微細なコントロールが可能となっていきます。
この物質界、幽界、霊界はそれぞれが互いに繋がり影響し合っています。
物質界と幽界はよく似ていましたが、霊界(メンタル界)の様相はだいぶ異なるように思います。
幽界(アストラル界)は物質よりは高次の世界でしたが、その性質上、混沌とした領域であると言えます。
霊界(メンタル界)は大天使的な存在や、力の影響力を観察する事が出来ます。本当の意味で高次世界と呼べるのは、この領域からであると思います。




霊界の中層 − より純粋な思考の世界

高位メンタル界

上の画像は私が体外離脱時に体験する霊界の印象や雰囲気を簡単な画像編集で再現したものです。
霊界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないとも思います。
霊界の印象に共通するのは、静かで心地よく、何もかもが現実以上に明晰であるといったことです。

画像は雲の上の風景ですが、この領域が人間の記憶に返還されるとき、多くの場合はこの地上の最も高い場所、つまり天空や雲の上の景観に置き換わることが多いです。雲の上の屋敷や城、道や遺跡、庭園などが空の上に存在したりします。
時折夜空や宇宙を見上げたような世界に感じることもあります。




霊界の上層 − 神界の力が発露する領域  

コーザル界

上の画像は私が体外離脱時に体験する霊界の印象や雰囲気を簡単な画像編集で再現したものです。
霊界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないと思います。
霊界の上層はコーザル界などといった言葉で知られています。

霊界の中でもより波動の高い場所は、明晰さをそのままに光輝くような世界へと変容していきます。ここを訪れる人間の形体も、球体であったり、光や意識そのものとして感じたり様々です。この領域からさらなる高次を望むとき、まるで星々のような光を見たり、時には宇宙を見るときがあります。

もし人が臨死体験などでこの領域を訪れた事を記憶していたならば、まさに天国のように思うかもしれませんね♪

私が龍、大天使、女神など、高次の神聖な存在と出会うのは多くの場合はこの領域です。
時間を超越したような神秘体験をする時もあります。
明晰な景観と同様に、この領域で出会うあらゆる他の存在はあり得ないほど明晰で美しく輝いています。




幽界(アストラル界)からここまで読んでみて、高次世界って夢の見え方と似てると思いません?

以前夢のシリーズで、だいぶ細かく夢の性質や情報源に触れましたが、モノクロの夢や明晰な夢など、夢の印象はこれら高次世界での体験や情報が自分自身のフィルターを通して化けた、あるいは変換されたものです。


霊界の下層(メンタル界)より上の領域は、体外離脱で訪れたときも明晰夢と同じように、現実以上のリアリティーと感じます。

ただ夢と違うのは、目覚めている今と同じ意識で、現実として認識し体験をしているといった点です。


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年08月12日

幽界 (アストラル界)

こんにちわ♪

最近は、会社の方が少しバタバタ?ガタガタ?していて忙しいような居心地の悪いようなそんな感じです。

どんな会社でも、人が多数集まれば色んな人間が色んな考えをもって行動し、経営者さえも予測できないような流れが知らないうちにできあがっているような事も結構あります。

私は結構マイペースなので淡々と仕事をしていますが、組織に波風が立つと、それによって不利益を被ったり立場を悪くしてしまう人もいます。

ミスを押しつけられたり、本当は悪くないのに批判にさらされてしまうような人で、日々頑張って仕事をしているような人でもこういった貧乏くじを引いてしまうことあります。

そんな時、ピンチの中にはじつはチャンスが隠されています♪
そのチャンスは日々を誠実に生きてきた人にしか感じる事の出来ない神が密かに隠した贈り物だったりします。


チャンスの時も然りです。

そのチャンスの中には、不義を行う人には見えない落とし穴が隠されていたりします。

良いときには奢らず、悪いときには誠実さをもって機会を待ちましょう♪
すると自分に必要な良い物が引き寄せられてきます♪



いよいよお盆休みですね♪

今にして思えば、学生の頃は夏休みは一ヶ月以上もあって夢のようでしたね♪

うちの会社は12日からの5連休ですがそれでもいつもの週末の倍以上の長さですからありがたいです♪

この休み中はいくつかやりたいなと思っている事があります♪
断食と、部屋の片付けと、18時間の瞑想と、庭先のサイトの大幅更新です♪ 
全部出来ると良いですが(笑)


さて、今日も見えない世界についてです♪

幽界(アストラル界)

感情と欲望と想念の入り交じる世界です。

まずはこの画像をご覧ください。

物質界

何の変哲もないただの写真、私たちになじみの深い物質世界です♪

続いていて下の画像をご覧ください。

幽界(アストラル界)

この画像は私が体外離脱時に体験する幽界の印象や雰囲気を簡単な画像合成で再現したものです。
幽界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないと思います。

幽界は想念界、アストラル界といった言葉で知られている領域です。
この世界は、物質世界と重なるように存在していて、例えば、家を建てたい人が、家を建てる事を決めて心身共に動き始めたとき、物質世界に先駆けて、この世界で家が建てられ始めます。

恋人同士となる男女の多くも、この世界で先に関係を深めた後、現実の世界で恋人同士となります。
想念は心の設計図で、現実世界の建設計画であるとこれまでに書きました。
この四次元領域、幽界(アストラル界)はまさに、物資へと具現化する前段階のエネルギーで構築された世界と言え、物質世界よりはるかに広く繁雑な世界です。
この四次元世界には人が想像できるあらゆるものが存在し、人の想念が現れては消えていく、そんな感じの世界です。

生前、「仕事と金が人生の全て!」みたいな人が居たとします。
その人は生前この4次元領域に自分で作り出した想念の世界の中で、死後も仕事をしてお金儲けをしてたりなんて事もあります。これはまさに仏教で煉獄に落ちたなどと言われている状態です。

六道は現実世界に存在すると私は言いましたが、現実世界に存在するという事は、むろんこの四次元領域にも存在します。
(この世界にあるものが後に現実となるからです)

人が想像できるあらゆるものが存在するとはつまり、この幽界に煉獄も天国も地獄も存在します。
人の信仰が作りだした神や天使達、神仏も存在します。
それらは全て人々の想念が作りだしている偽りもの、レプリカです。
本当の天使や神仏はもっと高次の世界に存在します。

偶像を崇拝してはならないという聖人の言葉には、人が想念で作り出した偽りの神をあがめてはならないという意味も込められています。



人が死んだとき、肉体を離れた霊体はまずこの領域を訪れます。

何かしらの事情で強い感情や想念を抱いた場合、この領域に自縛化する事もあります。
物質世界に干渉する生き霊や霊など、その他あらゆる波長の低いエネルギーがこの領域をうようよしています。
多くの人が眠っている間にこの領域のことを夢として見たり経験したりします。


幽界の上層(高位アストラル界)

感情と思考と想念の入りまじる世界です。

幽界の上層(高位アストラル界)

上の画像は私が体外離脱時に体験する幽界の印象や雰囲気を簡単な画像編集で再現したものです。
幽界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないとも思います。

幽界でも高い波動の場所は、その性質がより整合され、思考的になってきます。
幽界の上層では感情と想念のエネルギーもより純度を増します。

幽界の低い領域が、物質が歪んでグニャグニャとしたような世界だった事と比べると、この上位四次元領域はそれぞれの本質が持つエネルギーの輝きを見ることが出来ます。
例えば物体や人間が持つエネルギーを光として見るので、この領域でみるあらゆる物質や存在は内側からそれ自体が光っているように見えます。

この世界では、ゴーーー っという音が聞こえることが多いです。
それ以外にも、クラシックのような曲が聞こえてきたり、歌声が聞こえてきたこともありました。
暗闇の中でフォーカスしたものが明晰に発光するこの世界は初めて訪れたときにはとても驚くべきものでした。
この世界ではテレパシーによって他の存在と会話をすることができます。
幽界の低層(アストラル界) ではほとんど見ることのない天使的な存在と、この領域では希に出会うことがあります。



■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 23:48| Comment(9) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年08月03日

4つの階層世界

こんにちわ♪

いろいろとやることが多いとき、複数の事に興味や意識が分散したりしますね♪

これは自分の未来の道筋にも関係する場合もあったりするので、頭の整理も簡単にはできなかったりする事もあります。

この週末は、タロットを引っ張り出してやってみたりしました♪

久しぶりに占いをして思ったのは、こういった占いに写し出されるのは主にその時の潜在意識です。

つまり、ネガティブな時に占いを行うと、多くの場合ネガティブな要素が占いにも反映されます。

ポジティブな時も同様です。

今現在の自分の心持ちが未来を創っていくという事を考えた場合、これはとても当たり前の事なのですし、だからこそ占いは当たります。

ただ、ここで注意が必要なのは、現在の潜在意識を占いが写し出しているという事は、つまり占いが示す未来とは「このまま行けばこうなる」 という事に過ぎないという事です♪

つまり心と行動によって未来は変えられます。
得にこの種のカード占いが示すような未来はいとも簡単に♪

ちなみに私が何を占ったかというと、自分の霊的な活動をいかに行っていくべきかという事でした♪

結果は今の私の心を写し出すもので、理想は決まっているものの、方法については混沌とした物でした(笑)

占いの結果に満足できなかった私は、今朝、深い瞑想によってハイヤーセルフにコンタクトを取りました。

思えばバタバタしはじめてから、上の声をあまり聞いていなかったようにも思います。

この前「聖なる活動をさぼるな」とに言われたので、今日は私の方から

「どうすればよい?」という質問をしてみました。


ハイヤーセルフの答えはこうでした。

自分で悪いと思っている悪習慣や行動を断ち切る努力をもっとしなさい。

本は読みすぎないように。

まずは神の国とその正義を求めなさい。
そうすれば必要な物は自ずと与えられます。

愛を体現しなさい。



私は様々な事に頭を占有され、肝心なことをおろそかにしていたのかもしれません。
カード占いに頼った時点で気づくべきでした。


右か左かというのは低次の二元性です。

一元化された高次世界にはただ一つ

愛があるだけなのです。


つまり、右か左かを迷うより、愛を原則とすることが大切だという事です♪


さて、ここからは見えない世界の文章の続きです♪

前回は、段階ごとに様々な言葉を使って表にしましたが、ここからは混乱を避けるため、4つの階層世界を主軸に説明をしていきます。

物質世界より上の世界は、私たち人間が、死後に順を追って移行していく世界であり、私たち人間を形成する幽体や霊体が存在し、意識エネルギーが働く世界です。
私たちは睡眠中に、この世界を訪れ、他人の意識に触れたり、すでにこの世に居ない故人達と交流したり、ごく希にそれを夢として記憶していたりします。



○4つの階層世界

物質界

一番下にある物質界が私たちが今住んでいるこの世界です。
私たちは、この物質界に生まれ、生きることによって、カルマを解消し、成長していくことが出来ます。


幽界

幽界は物質界に最も近い階層の世界で、アストラル界なんて言葉でも知られています。
この世界に対応しているのは、私たちの心と霊で、感情エネルギーや物質に近い想念や年が形成されるのも世界です。
ここには帰れなくなった霊や生き霊、霊的な存在やエネルギーが行き交っています。



霊界


霊界は幽界より波動が高く、より純粋なエネルギーの世界です。
この世界に対応しているのは、私たちの潜在意識と魂の記憶で、この世界の中でも得に高い波動の高い場所では、善悪の様な二元的な物は薄れ、理性や知性、思考として一元化さたより純粋なエネルギーに移行する世界です。大天使のような純粋な存在はこの世界で活動しています。
人が死んだとき、しばらく幽界(アストラル界)で過ごし、やがて霊界を経て神界の下層へと帰って行きます。



神界

神界の下辺が私たちの魂の在り場所です。
神の子であり、光の兄弟である私たちの魂は、元々神の身近に存在します。
人が生まれるとき、霊界から魂が来て胎児に宿るみたいな思想が一般的には最も広まっていますが、魂の世界には時間や距離は存在しないため、実際は、人間が生まれるときも、死んだときも魂はずっとこの神界の下辺に在ります。
高次の事柄なのでこれをこの世界の感覚に当てはめて説明するのはちょっと不可能なのですが、それでも無理に説明するならこんな感じです。

魂は常に神界から物質界まで貫くように存在して、私たちの霊や心などの認識が、そのラインを生死の際に自己認識が移り変わる。
やはり3次元の理屈で説明するのは難しいですね(笑) 
感覚的に言うと、互いに食い合う2匹の蛇のようですし、2個あるのに1個とか、3個と3個で1個みたいな、これを全部合わせたら1個みたいな感じです♪
これは読んでいる人の気づきにゆだねます♪ 

あともうひとつ、よくある嘘や大きな誤解をここで解いておきます。

魂は神性で、種類の違いなど無く、傷つく事も壊れることもないです。
私たちの本質である魂は、神によって神と同質に作られた永遠の存在だからです。

魂が汚れているから浄化が必要だとか、魂が傷ついているからヒーリングが必要だとか、そういった言葉はくれぐれも真に受けないようにしてください♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 15:23| Comment(10) | TrackBack(0) | 高次の世界

2009年07月26日

見えない世界

こんにちわ♪

先週、役所に婚姻届を提出してきました♪
これで気持ちの上では軽く一段落です♪

そんなおり、ハイヤーセルフから「聖なる活動をさぼるな」とのお達しかありましたので、しばらく放置気味であった サイトも、また、手を入れていく時間を作っていこうと思います♪

昨日、久しぶりにサイトの方二手を入れました♪
夢のカテゴリーのリンクのずれを修正したり、いくつかページを追加しました♪

お時間や興味のある方は是非のぞいてみてください♪

見えない世界のカテゴリーの 「世界観」「心・霊・魂」のページ はこれから書く内容、見えない世界についての予備知識になると思います。


○目に見えない世界は存在する。

気やエネルギーが分かりはじめたり、私たちの意識エネルギーや 心 霊 魂 といった意識領域がわかると、目には見えないエネルギーが活動する目に見えない世界の存在を理解しはじめると思います。

霊界や死後の世界として、いつの時代も目に見えない霊的な世界は、人々の好奇心をくすぐるものであったと思います♪ 

例えば霊は存在するのか? 天使は本当に居るのか?
何処にどのように存在するのか? 人は死ぬと何処へ行くのか? 
魂は何処に存在するのか?

全ては目に見えない世界の事なので、疑問はたくさんあると思います。
目に見えないエネルギーや存在達の事をさらに詳しく知るためには、目に見えない世界について知る必要があります。

世の中に沢山ある見えない世界を説明する言葉を聞いたとき、それが何であるのかを理解する事は難しいです。

幽界・霊界・アストラル界・天国・地獄 

なにそれ?本当にあるの? 何処にあるの?

世の中には、目に見えない世界を実際に体験しないで想像で言っている人も沢山いるので、実像はますます分かりにくいものになっていると思います。
世の中に色々と広まっている目に見えない世界を説明する言葉や世界観を、私自身の体験と照らし合わせて検証し、それをもとに、目に見えない世界を説明していこうとおもいます。



○霊的世界の構造

まず、霊や生き霊や天使など、見えない存在が活動する見えない世界とは、私たちが今暮らして活動しているこの世界と重なり合うように存在しています。
これは肉体に重なって霊や魂が宿っているのと同じ事です。

例えば家などの建築物でも、目に見えない世界ではエネルギーや概念として存在しています。
そして見えない世界はこの現実世界とエネルギーによってリンクしています。

人間は肉体と霊的な2つの身体の計3つの身体を持ち、体外離脱後に体験する世界は4つの階層に分かれ、7つの意識段階があることを自分の体験から知りました。

日本人に馴染みのあるのは、「幽界」とか「霊界」なんて言葉だと思います。
私自身は次元とかアストラルなどの言葉に馴染んでいて、日本的にな表現は普段あまり使わないのですが、説明を分かりやすくするためここではあえて日本的な言葉と組み合わせて説明しようと思います♪

まずは下の表をごらんください。
見えない世界を言い表すのに使われている言葉をそれぞれの段階に合わせた形で作ってみました。

霊的世界の対応表

※エーテルという言葉は科学的な用語ではなく、魔術の用語のエーテルです。

この表は2009年現在までの私の体験と知識をベースに作られ、現在はまだ自分的にもまだいくらかの曖昧さを残しています。
また新しく体験から分かったことがあったら説明と更新をしていこうと思います。

まず世界を4階層と知ったのは、これら4つの世界はエネルギーのレベルがそれぞれ異なり、体外離脱時にそれぞれの世界を上昇して移動する際に、障壁によって句切られいたので4つに別れているのだと知りました。

これは魔術の世界観や生命の樹 セフィロトと一致するものでした。
アツィルト界 ベリアー界 イェツイラー界 アッシャー界 の4層世界です。

次に気がついたのは、例えば幽界(アストラル界)であれば、その下層(アストラル界)と上層(高位アストラル界)ではその様相がかなり異なっているといった点でした。
同じ事は物質世界以外の3つの世界に当てはまり、これら3つの世界を上層と下層の2つに分けて考えた場合、物質世界と合わせて7つの段階に分けられることに気がつきました。

つまり、魔術やカバラの四層世界観と、ヨギの7つの段階世界は視点が異なるだけで中身はほぼ一致します。

神智学や人智学など、ほかにも様々な霊的世界の階層論がありますが、多少の認識や解釈の違いがありますが、よく似た面を持っていると思います。

近年、ニューエイジなどによって唱えられている新たな階層世界論は想像による蛇足も多いように思います。

あくまでも私の感じ方としてですが♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 17:43| Comment(14) | TrackBack(0) | 高次の世界

2008年07月27日

高次

こんちわ♪

毎日暑いですね♪
よく、人間は自分が生まれた季節を好むなんて話がありますが、あれって本当でしょうかね?

私自身は夏生まれで、夏は大好きです♪

汗をかくのも結構好きなので毎日扇風機で頑張ってます(笑)


最近は仕事が忙しめでなかなか霊的な事に専念する時間が取れずにいるので体脱の機会も減りました(笑)
何とか少し生活リズムを変えたいなと思う今日この頃です♪ 

体脱に関しては、心の浄化や愛情を持つ生き方を原則としていると自然と付いてくる体験です。

ただ、3〜4次元を移動するのはエネルギーを結構消費するので心は勿論体も健康である事はとても大切です。

心身が整っていれば自然と起きます。

体脱は、自分が何者であるかを知るための機会なのです♪


霊的な世界の探求をよく私は、海に潜る人に例えたりします。
霊的世界を知ろうという試みは、海に潜って海底を調べ海底地図をつくる作業に似ているように思います。

私はたまに起きる体脱や神秘体験をパズルのピースのように組み立てて霊的な世界の真実や、真理を知るための地図をつくっている感じです♪
どーせ死ねば全てを思い出すのですが、それでもこの3次元でそうやって地図をつくるのは、きっと過去世からのライフワークなのだなと理解しています♪
私は沢山の人に高次の世界の認識を伝えられたらなと思います。

「感情や想念の世界」「思考の世界」「他の存在との境界線が無い世界」

体脱後に体験した様々な世界に感じるエネルギーや性質の違いや互いの関係を自分の体験ベースに組み立てて、そしてたいぶ出来上がってきたその「地図」を見ていると解ることあります。

この世には過去から現在に至るまで、たくさんの霊的指導者や霊能力者がいました。
予言者やヨギ、魔術師なども。

そのうちの幾人かは私がつくっている「地図」ととてもよく似た地図を創っていました。
自分とそっくりな体験や認識を持っている人達が居るんです。
色んな時代の色んな国に。

だから解るのです。
目に見えなくても共通の「高次世界の認識」は存在し、そこには真実の姿があるいうことが。

そしてその人達はみな「真実」を隠していました。


ここに書けることと書けないことがあります。

ハイヤーセルフから口止めされていること、沢山あります。
本当は大声でそれを叫びたいぐらいなのですが(笑)

真実が利用されないようにそれを知る人間達はみな、真実を隠してきました。
ですから、私もそれに習っています。
でもその事自体が1つの事実の側面を裏付けています。

つまり

「霊的な真実は決して蔓延しない」

という事です。

でも、いくつかの事、書ける範囲で今後書いていこうかと思い、今文章にまとめています。
私の書こうとしている事はつまり、精神世界の歩き方」みたいな感じです(笑)

本当は今日、ちょこっとでも何か出せるような文章があったら良かったのですけど、まだまだ断片断片でしか書けてないので出来上がったらUPしていきます♪

あと、ここを訪れる方々に聞いてみたいなと思っていたことがあるのですが、どれぐらいの方が新約聖書に目を通した事があるのでしょうね?
とくに問題なければ是非教えてくださいまし♪

今日の日記はちょと短めですがもうすぐ休みの日も終わるのでこの辺にしておきます♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 23:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 高次の世界

2007年12月21日

ガイド・守護霊・ハイヤーセルフ

今週のこの日記を書いているとき、トヨタさんの事を思い出しました。
その時両腕の力が抜け、背中に悪寒が走りました。

きっとなにか大きな仕事をしている、そう思いました。
私は沢山の祈りと光を送りました。

やがて否定的なエネルギーは消え、私が送った以上の光とエネルギーが私の元にかえってきました。

こんな時に実感します、全てを結ぶ繋がりを。



今週は、頂いた質問から
ガイド 守護霊 ハイヤーセルフについてです。

どこまで書こうか考えましたが、ここに書ける範囲で出来るだけ具体的に書いてみました。

結構長いですからゆっくり読んでください♪

○ガイド

まずガイドですが、言語で会話できる存在はほとんどの場合は4次元の存在と言えます。

ガイドにはピンキリで段階があります。

例えばですが、悪い心を持つ人間に手を貸す悪い霊、これは悪い人間に現れた「ガイド」と言えます。
悪い人により悪いことをするよう導く存在です。

良い心を持った人を手助けする天使的な存在、これは良い「ガイド」と言えます。

ガイドは霊的な感受性を持っていれば誰でも出会える可能性があります。
しかし、自分の性質やエネルギーのレベルに合った存在が現れる事がほとんどなので、実際の所「ガイド」と呼ばれる存在の多くは4次元に居るというだけで、高次の存在とはとても言えないような存在です。
4次元は感情と想念の世界なので、上に帰れなかった霊や生き霊もこの次元に存在します。
つまりは天使のような高次の存在を装う低級な霊もいくらも存在するわけです。
4次元世界には偽天使がたくさん居ます。

4次元のガイドでも、より高次の存在との橋渡しをしてくれる良いガイドも勿論存在します。
そういった良いガイドと出会うためには自分自身が良い波動を持っている必要があります。

5次元以上の存在は言語で干渉することはほとんどあまりありません。
彼らが3次元に干渉する時には、4次元の存在やエネルギーを中継したり媒体にします。

○守護霊

守護霊については、良い霊や良い生き霊など、霊能者が4次元に見える人間を守護する存在の事を言っている場合が多いです。

例えば他界した身内の霊が見守っていたり、先祖が守っているような場合。様々です。

逆に、悪い霊がついてる場合は 生き霊憑き、悪霊憑き って事です。

守護霊とガイドは多少ニュアンスは違いますが、どちらも霊的存在を言い表す方便です。そしてどちらの場合にも言えることは、自分の段階やエネルギーに合った存在や繋がりを持つ存在が訪れるといった点です。
自分自身の変化に応じて、ガイドや守護霊も変化する事はもちろんあります。

○ハイヤーセルフ

ハイヤーセルフに関しては、高次領域の自分。
これは霊視する人によっては守護霊のように見えるかもしれませんが守護霊とは別です。

私達は 肉体 霊 魂 の3つの意識領域を持ちます。
魂は神から分離した光で、神性を持った小さな神そのものです。
私達は神に似せてつくられました。

私達の高級自我、つまり、この肉体の心ではなく、霊(潜在意識)から
魂(超意識)までの領域に存在する意識の部分、それがハイヤーセルフです。

ハイヤーセルフは普通の人にとっては良心や直感のように感じられると思います。

私達の意識の中でも本能や欲望といったものはロウアーセルフと言えます。
ロウアーセルフは お腹が減ったー とか 体疲れているから動きたくないー
とかビタミン足りないから野菜食わせてー とかそんな要求をしてきます。
私達が聞く体の声とは、まさにロウアーセルフの声なのです。

そしていま我々が考えたり自分であると感じている部分はミドルセルフと言えます。
学校にいったり仕事をしたり、今この瞬間持っている意識です。

そして我々が良心として感じる高級自我がハイヤーセルフです。
ハイヤーセルフは私達の深層意識から魂の領域までの情報を持っています。

私達の3次元の意識、ミドルセルフが目に見えない存在や現象に関心を持ち始めたり、それについて理解しようとしはじめたとき、ミドルセルフは3次元〜4次元の領域へと意識を広げます。
4次元の領域では低い波動が物質に近く、高い波動が非物質に近いです。

つまり感情と想念の世界である4次元では、欲望の想念は低い波動で、愛は高い波動、と理解すると解りやすいと思います。

私達が4次元に意識を広げ、祈りや信仰、愛によって高まるとき、ミドルセルフは5次元〜6次元の領域の自我であるハイヤーセルフに近づきます。

するとどうなるでしょう。

潜在意識〜超意識までの力や情報を、ハイヤーセルフから受け取り始めます。
愛や良心、理解や霊能力が強まります。

ハイヤーセルフの持つ高次領域の情報をこの3次元の情報に置き換えるのは困難です。
故にハイヤーセルフとの交流は、主に直感的なやりとりになります。
例えば、ハイヤーセルフに投げかけた疑問に対する答えが直感や閃きとして現れたり、偶然立ち読みした本に疑問の答えが書いてあったなど、シンクロなどにも現れると思います。

ハイヤーセルフとの繋がりが増すと、より情報がダイレクトになります。
ビジョンなどで情報を受け取ったり、愛や良心、理解や霊能力などあらゆる形を取って日頃から繋がっていられるようになります。
ハイヤーセルフはより高次の存在達への窓口になります。

5次元は思考の世界で、叡智はこの先に存在します。ここにはもはや善悪のような極は存在せず、全てが理解によって調和を取り始めます。
この領域には、今世で人間として生まれてからこれまでの全ての記憶があり、3次元世界と4次元世界を高見から見渡し、把握したような理解が存在します。
大天使クラスの存在やマスターの霊はこの次元から存在します。

6次元は本質の世界で、我々の魂はこの領域から下の次元を見据えます。
魂は過去生の記憶や人生のプランなど自分のあらゆる情報を持っています。

私達のハイヤーセルフは5次元以上の自分の意識です。

私達のハイヤーセルフは大天使達と直に会話が出来る場所に存在します。

私達のハイヤーセルフは魂がもつ記憶や情報も知っています。

より高次へと行くにしたがって、意識エネルギーが個体性を失って
他の存在と一体となっていく事は、庭先に何回か書きました。

つまり、ハイヤーセルフは、自分の高次の自我であると共に、それ以外に繋がりを持つ高次の存在も含めた全てなのです。
我々の意識次第で、ハイヤーセルフは無限に広がっていきます。

ハイヤーセルフの究極は、自分の高級自我であり、大天使達であり、高次の霊的存在達であり、同じ領域に意識を広げた家族や友人、仲間達であり、星々に宿る星霊であり、広がる次元であり、広がる宇宙であり、創造(神)なのです。

しかし、次元は高ければ凄いとかそういう事とも違います。

我々の本質は、神の領域からはじまり、全ての次元と繋がりを持って存在するからです。 これを図にすると 



逆三角形になります。 上の辺は神の領域である一体の次元です。
下の点は自分です。
シンボロジーで言えば、逆三角形は神から物資世界に分離した
我々の事を表す象徴でもあります。

私達が、「全であり個である」というのはこういう事です。

ガイド、守護霊、ハイヤーセルフの違いはだいたいこんな感じです。


これらの事に関係した事なのですが、私達の肉体は言うならば魂の乗り物で、夢の象徴で言えば、車です。

霊能力や超能力のような力は実のところ、肉体や脳を訓練することで一定のレベルまでは引き出せます。

それは車をカスタマイズしたりチューニングするような事に似ています。

訓練によって身につく力はそのような感じです。

これと比べて、高い霊性によって発揮される力は、車に乗るドライバー本人が成長して得る知識や技術のような力と言えます。

上のような理由で

汚い心を持っていても霊能力や超能力を持っている場合がある。
高い霊性を持っていても表面的には霊能力が無い人間がいたりするわけです。

どんな素晴らしい性能の車でも、乗る人間が未熟だと事故をします。

私にはトヨタさん以降、メンター的な人は居ませんし、特定のガイドも居ません。
人や本から得た知識ではなく、ハイヤーセルフから得た知識を含め、自分の体験から書いています。

故にこのような事を書くのですが、霊能力や超能力に興味を持ちそれを開発している人は近年とても増えています。

正しい訓練 そして 愛情や清い心が結びつくと、我々の霊的な力は格段に高まります。

神の愛の内に、一体の次元に、今の意識を持って到達する事が出来たなら、見える世界が変わります。 物質的な欲望、そして生死さえも取るに足らない些細な事と思えることでしょう。

たった数秒でもその感覚を知ったならきっとそうなります。

物質的な幸福は必要ですし、それも大切です。
でも、もし自分のハイヤーセルフや神に出会いたいのであれば、是非、愛を一番大切に考えて下さい♪

■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 高次の世界

2005年12月31日

ハイヤーセルフ

時計もカレンダーも幻のような物、などと思います。
ですが♪ クリスマスにはチキンを食べて正月には餅を食べるのが楽しみです♪

良いお年を って言葉好きです♪ 
でもどうせなら今年や来年だけではなく未来永劫良いことが有り続けて欲しいです♪

自分自身にも、友人知人にも、すべての存在が。

宇宙中に光が降り注いで欲しいです。

2005年に一番大きな出来事といえば 引っ越し 転職 祖母の死 

庭先を作ったのは2004年ですが大きな中身のある事をしたのは2005年だったのでそれも自分にとってはとても大きな事だったと思います。

最近なのですが、自分の中にもう一つの自分をハッキリ感じます。
今この文章を書いてるときはそのもう一人の自分と普段の自分の
共同作業のような感じです。 顕在意識の自分がが考え事をしてるときまったく別の事を考えてる、行っているウリエルの霊の意志を感じることがあります。
こんな事声に出して誰かに言ったら精神病院に行けと言われるかもですね(笑)

ハイヤーセルフ って言葉があります。
色んな人が色んな言い方をする自分の内側の存在、高級自我とか守護霊とか守護天使とか、あるいは神の声のように感じることもあるかもですが、この存在こそが自分の中の「ウリエル」な部分だと言うことはずっと前から感じてました。

私が仕事で忙しいので私の中のウリエルは独自に活動をしてたりします。
例えば私が寝てる間に何処かに人助けに行ったり。

私と私の中のウリエルの部分が一緒に活動をしてる今この時や、庭先での時間は本当に強いエネルギーに満ちた時間です♪

つい最近静岡の上空をくまなく飛びました♪
想念(アストラル)の世界ですが
とても綺麗な光りに満ちた澄んだ空でした。
地球はやはり美しいです♪

人間の自由意志はあらゆる事を可能にします、故に願います。

未来が永遠に光り輝くものでありますように。
宇宙の全て、粒子1つ漏らさず喜びに満たされますように♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 高次の世界

2005年08月14日

霊魂

死後の世界

人は死ぬと霊が肉体を離れ、肉体や脳、つまり物質に支配されていた状態から抜け出ます。 これまでの顕在意識ではなく「霊」 つまり潜在意識の状態が今までの感覚にとって変わります。

人々が霊界と呼ぶ場所に霊が変えるとそこからは霊の潜在意識ではなく魂の超意識へと意識領域は移り変わります。


魂が霊と肉体に宿り地球で人間の人生を生きて死ぬというのは、我々が人間が300ページの本を読み終えるような事に似てます。

人は本や学校などの短い体験で何かを学習しますが、魂は人間の人生を通じて向上を繰り返すわけです。

魂というのは例えば自分で言うならば 教師であったり貴族であったり神官であった過去世の全ての記憶をもつトータルセルフです。
神の領域には時間が存在しない、想いは時をも超えるというのはウリエルが繰り返し言ってることですが、トータルセルフは呼ばれればいつでも愛する同胞の魂のために必要な人格を相手に送り届けます。

わかりやすく言えば、成仏した魂はいまなお人間として生きてる同胞の為、呼ばれればいつでも答えるという事です。

死者への祈りはこの次元を去った魂の同胞へメッセージを送る事です。
そして愛すべき同胞のために魂はそれに答えます。

亡き魂との交流は同調によってなされます。

現在はお盆ですが、集団で無き魂に向ける意識はとても強い力を持ちます。
つまりお盆とは霊魂が帰ってこれる自然のサイクルではなく、日本人が全体で霊界に意識を向け、亡き霊魂が帰って来やすい状況が作り出されている期間なんです。

我々が先祖を呼んでるんですね♪


例えばですが自分がお盆に父の霊をここに呼んだとします。
もちろん父は成仏してる訳ですからこの世ではなくあの世、つまり霊界から来てることになりますよね。
先祖が来てるなら先祖も霊界から来てることに成ります。

あれれ? 人は生まれ変わるのになんで?(笑)

我々人間の魂、最初にも触れましたが過去世の全ての人格を持つトータルセルフです。
もし父がすでに生まれ変わっていたとしても、生まれ変わった父の魂にも俺の父だった頃の人格や記憶がちゃんと備わっている訳です。

ですから俺が父を呼べば父の魂の中から俺の父だった頃の人格がこちらの呼びかけに答えたりします。

よくテレビに出てる霊能力者で背後霊とか守護霊を見る人が居ますが先祖や肉親の霊なんて多くの場合は成仏してすでに生まれ変わってる訳ですから、四六時中その人間の背後にくっついてる訳じゃありません。
ですからきっと、霊能者本人がクライアントに縁のある霊を呼んでるのでしょうかね? 

考えてみたら天使とかも呼べば来てくれるのだから、身内だった人で自分を見守る気持ちがある肉親や先祖の霊魂なら来ないわけないかな♪

■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 高次の世界

2005年07月02日

霊的存在

瞑想開始より頻繁に自分に干渉してくるこの世の者でない存在が居ました。

宇宙中の図形を集めてる宇宙人の霊とか来ましたよ、本人が言ってました(笑)

霊体「俺は宇宙中の図形を集めてる宇宙人だ」

そう言うと頭の中をのぞき始めるのです。
その後金縛りに合いますが別に嫌とか怖いとか無かったです。
走馬燈のようにコレまで見た様々な図形が脳裏をよぎます。
たぶん何千種類を10秒で見た感じです。
そして意識を取り戻すといつもと変わらない朝でした(笑)

あと光り輝く耳のとがった美女の霊体。
精霊かな?とか思いましたが丁度プレアデスの情報を色々研究してた頃だったのでそっちに関連する宇宙霊のように思えました。
30秒ほどこっちを観察すると去っていきました。

母の所に干渉した金色の輝く玉も高次の霊です。
あれについてはいくつか解ってることが有るのでそのうち体験談に書いていきます。

でもこういった上位の存在っぽい霊より、帰るところに帰れない霊などのほうが遙かに多く自分の元を訪れました。

ウリエルには帰れない霊を返す力がありました。 儀式や説得も必要なくただ示せば彼らは帰っていったのです。

悪い霊もたくさん来ました。
自分は取り憑かれても支配される事がなかったのでいつでも戦いになり、最後は上に帰っていきました。

もし自分に霊をかえす力やマイナスエネルギーを感じる力がなかったらどうなってたのでしょう。

霊に取り憑かれても不快には思わず、ずっと共存してたに違いないのです。

昔の知り合いにこんな人が居ました。 霊にくっつかれてるのですが、本人は特に不快感もなく、憑いてる霊も悪霊ではない普通の霊です。

二人は会話することが出来、親友のような関係でした。

霊は人間より広い視野を持ち、肉体を離れた事により取り戻した記憶やちからの一部によって、普通では知り得ない様々な情報を取り憑いてるその人に与えてたんです。

第二次世界大戦で戦死した普通の人間の霊です。
その霊自身が明らかにした素性です。

もしそのような霊が正しい素性を明かさず、自分を天使や守護霊などとうそぶき寄りついた人間をからかったらどうでしょう? 

自分は神に選ばれた選民だとか、過去の神や偉人の生まれ変わりだとか簡単に思いこむことが出来ます。
世の中にはこのようなケースがあふれかえるほど有ります。

取り憑いた霊が霊感や霊能力の源となる場合も多く、霊を見えず、感じることもないひとでも、取り憑かれていたらその霊の存在が霊的な力の源に成る場合も有ります。

ひとつシュミレーションをします。

明日俺がさくっとお亡くなりになったとします(笑)
きっとあの世に直通で帰れることでしょうが、きっと何日かはこの世を観察したり、まあ遊んでいくと思うのです(笑)

神が許せば霊の状態でこの地上に留まるかもしれません。
もう少しで真理に手が届きそうな誰かを発見し、それに手を貸そうと試みるかもしれません。
そういった場合、
「生前東京でデザイナーをしてた人間の霊だがあなたの覚醒を手助けにきた!」

などと言い出しても信用成るか! あっちいけ! って成るでしょう(笑)

「私はウリエルだがあなたを助けに来た、私の言葉を聞きなさい」

と言ったなら ついに天使とチャネリング出来た! と、喜んで言葉を聞いてくれるでしょう(笑)

嘘も方便かもですよね。 霊と人との関係は人と人との関係と大きな代わりはないのです。

創造(神)は肉声で言葉を発しません、もし肉声やテレパシーのように創造(神)の声が聞こえたなら、間に挟まって創造(神)の意志を代弁してる霊的な存在が必ず居ると思われます。

自分に干渉しようとする存在が居たら注意深く観察してください。

高次の霊でさえ嘘は言わなくとも人の意志を誘導するためにわざと誤解をさせるような言い回しをしますから。


話は変わりますが、今日は先ほど昼に瞑想をして、目を瞑ってる自分の前を拳ほどの宇宙船が通り過ぎて行きました。。。。。。
無論そんなの見るのは初めてだったんですけど、誰かそんなの知ってます?
小人でも乗ってるのかな???(笑)

■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり
精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 高次の世界

■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり 精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト
より詳しい情報があります♪
■天空の庭さき-angelbook-
携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪
■メールマガジン登録はこちら♪
護符待ち受け画像付です♪ です♪