2013年11月16日

オーラ視 アストラル領域

こんにちわ♪

急に寒くなってきましたね。
一昨日ぐらいから、子供がコンコンと咳をしはじめたので、今朝は子供がまだ寝ているうちにハンドヒーリングをしました♪

手をかざし、祈り、私を通路とし満ちてくるエネルギーを手から子供へと流します。
寝ていても変化は解るのでしょうね、呼吸が落ち着き、深くなっていきます。

私の方はハンドヒーリングを通じて太もものあたりに痺れと寒気を感じたのと、子供が喉を痛めている事が解りました。
からだが冷えて風邪っぽくなっていたようです。
子供の持っているダメージと受け取ったダメージを浄化しながらハンドヒーリングを続けました。

「風邪」をヒーリングするといつも思う事があります。
誰でも風邪は引きますし、1〜2週間もあればだいたい治ります。
他の深刻な病と比べると軽視されやすいですが、実は「風邪」って大変なマイナスエネルギーを生み出しています。

例えば悪い霊を浄霊する時、よほどの霊でない限りは一回の瞑想で事は足ります。
熱が出るような風邪の場合、一回のヒーリングで完全に治る事はなかなかありません。

私の感覚から言うと「風邪」の時、私たちの身体に影響を及ぼすマイナスエネルギーとは、生きて増え続ける仕組みを持ったエネルギーだからです。

ですから、敵は小さなうちに叩くです♪

一般的に言われていることですが、風邪は早めの対処が重要です。
これはエネルギー的にも同じで、あれ?おかしいな?と感じたら少しでも早い対処してください。

具体的には、身体を、特に首や足首を温めて、休養と十分な睡眠をとる事です。
セルフヒーリングも良いと思います。
風邪の時には呼吸法は避けた方が良いです。
慣れた人でないと、深い呼吸でかえって喉や肺にウィルスを広めてしまう場合がありますから。

これからの季節、みなさんも体調には気をつけてくださいね。



さて♪ 今日もオーラの事です♪

感情や人間の本質を示す、色のついたオーラを視るという事は、つまり、アストラル領域のエネルギーを視るという事です。

この領域のオーラが視えるという事は、つまりいずれは霊や生き霊、視たくないようなものも視えてしまう事があるという事です。

例えば、部屋の隅にエネルギーの陰りを視た、共感力によって悪いエネルギーを感じ、身体が痛くなったり咳き込んだ。こんな風に「気がつく」ようになってしまいます。
そんな風になりたくなければ、オーラ視の訓練はやめておいた方が良いかもしれません。


アストラル領域のオーラを視る訓練は、まず客観的に観察をし続ける事と繰り返し言ってきました。
今日もどのように視えてくるかについて、前回の続きを書いていきます。


アストラル領域を視る

炎と同じように人間もアストラル領域では光を放っています。
その光が一般的に言われているオーラの光という事になります。

アストラル界についてはこれまでブログやサイトなどでも説明していますが、普通は眼に視えない世界です。ですが私たち人間がこの領域を認識できる簡単な方法があります。

それは睡眠時の夢です。

これはあくまでも私の感覚での説明になりますが、オーラ視や霊視に関しては、目を覚ましながら睡眠状態となり、自分の意識を保つ事であると言えます。

そんな難しい事がどうすれば出来るのか?

答えは簡単、「瞑想状態」を作り出す事です。

でも普通の人は「瞑想状態」に入ると眠ってしまったように意識を失い、その時見聞きした事を「夢」のように忘れてしまいます。

どうすればそうならずに記憶を、自分を保つ事が出来るのか?

「高次の認識」を得る事、それは言い換えれば日頃から真剣に、明晰に生きる事です。


心を清めて愛を持って日々を生き、瞑想を続けていれば霊的な力は目覚めます。

心の清めや愛が無く、霊的な力だけを求めたとき、あらゆる歪んだ結果を生み出します。


「心を清めて愛をもって生きる」「瞑想する習慣をもつ」「オーラを客観的に観察する」

この三つの事を継続し続けてください。 
そうすればいずれ必ず視えるはずです。
オーラはもちろん、歪み無き高次世界のあらゆる事象が。


アストラル領域のオーラ

さて、瞑想時に丹光とか、アストラルライトと呼ばれる光を視たことはありますか?
瞑想時に ぽわん ぽわん と浮かんでは消える光だったり、星空のように輝くエネルギーだったり、人によって視え方も視える領域も異なるので視え方、感じ方には個人差があります。

瞑想によってアストラルライトが見え始めた時、眼をあけて鏡を視たなら、普段眼にする事が出来ないものが比較的しっかり視えると思います。

ですが、これは慣れとかもあると思うのですが、眼をあけてしばらくすると意識が覚醒し、丹光とかアストラルライトが視えなくなってしまいます。

ちなみに私はこの光を目を開けた状態で視る事が出来ます。

これを書いている今も意識をすれば目の前に穴が開いたように光が輝き出します。


そのように丹光やアストラルライトを視るためには口では言い表しにくい独特のコツがあります。

意識はよどみなく一点に集中し、それでいて全体を見る。

それと、「瞑想状態」に近い状態をごく短時間で意識的に作り出せる事です。

瞑想と違うのは、「視る」という事に特化したからだの機能だけにエネルギーを集め、脳や意識に部分的な瞑想状態をつくるような感じであるという事です。

こういった事が出来るようになるためには、身体の中を駆け巡るエネルギーのパルスみたいなものを自分で感じられ、動かせるようにならなければなりません。

体内のエネルギーを意識的に動かす訓練方法はヨガの特殊な呼吸方や、小周天、大周天、魔術の訓練にもですが、様々に伝わっています。

ちなみに私の場合は魔術的な事や過去世の記憶がいま事に書いているような知識や理解のベースになっています。今日、魔術書などに書かれているものとは若干異なりますが(笑)


私の中にも「神殿」があります。

それはキリストが自分の内に在るといった「神殿」と同じものです。

あるいはソレを目指したと言う方が正確かもしれません。


続きはまた次回に♪

いつもありがとうございます♪



■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | オーラ

2013年11月10日

オーラ視 色の領域

こんにちわ♪

今日は朝起きた時は若干寒く、空も厚い雲に覆われていました。
午後は雨予報だったので、雨が降る前にと、今日は妻と子供と一緒にお散歩に出かけてきました♪

往復4キロの長い散歩を終えて、今はお昼寝をしています♪

なんかパターンって出来てきますね♪
私の土日は子供や家族でのお散歩ってすごく多いです♪


さて♪ 今日もオーラの事を少し♪

オーラを視る力に関しては、視えてくるものを観察し続けるという地道な訓練の積み重ねです。
アストラル領域の色のあるオーラが見え始める時の様子を参考に書いてみますね♪

まず、ロウソクの炎を観察する訓練ですが、暗いところでロウソクを眺めていたら、当然ですが、ゆらゆらと揺れる炎が明るく光って見えると思います。

これをずっと観察し続けていると、炎の周りから光が暗闇に溶け込む境界線のあたりまでの数十センチもぼんやりとあかるく光っている事に気がつくと思います。

炎の光とエネルギーは、グラデーションがかって暗闇に向かってどこまでも広がっています。

つまり、ロウソクの炎が発する光とエネルギーが空間の隅々にまで広がって影響している事が解ってきます。

魚は水の中で生きていますが、私たち人間は、空間に満ちるエネルギーの中に生きています。
炎の光とエネルギーは水の波紋のように、空間をどこまでも振動させています。

ロウソクの炎と言えば、普通は暖色ですが、空間を満たす光とエネルギーの中に、穏やかな七色を視る事が出来ると思います。

そんな風に見えるようになると、以前は暗闇の中にひかる炎だけが見えていたのが、部屋中に広まる光とエネルギーまでもが見えるようになり、部屋全体がとても明るく感じられるような見え方に変化してくると思います。

そして、ロウソクの炎から発する穏やかな熱、エネルギーさえも、以前より強く感じられるようになると思います。

これと同じように人間が発する光を観察すると、穏やかに広がる光に色を発見できる事があります。
最初はほんの一瞬、目の錯覚とか、人間の残像のように見えるかもしれません。

それが見え始めたら、今度はまた、それを観察し続けます。
そうやって視える領域を広げていきます。

思い込みを入れず、客観的に観察し続ける、です♪

次回はまたこの続きを書きます♪

いつもありがとうございます♪


■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪

posted by ☆ウリエル☆ at 14:58| Comment(8) | TrackBack(0) | オーラ

2013年11月09日

オーラ視 リーディング

こんにちわ♪

寒くなってきましたね♪
昨日の晩御飯は妻が作ってくれたおでんでした♪
おでんとか鍋が美味しい季節になってきましたね♪

私が育った町では、駄菓子屋でおでんが売られていました♪
出汁で煮たおでんがあって、それを甘い味噌タレに付けていただきます。
一本三十円ぐらいで、私はよくコンニャクを買って食べていました♪

駄菓子屋でおでんの話をすると、結構驚く人がいます(笑)
今では駄菓子屋自体も珍しくなってしまいましたよね。



子供は元気にスクスクと育っていて、イタズラや行儀の悪い行動も減ってきました♪
魔の二歳児と呼ばれる時期ですが、よそで聞くほど大変な思いはしないですんでいます。
最近は電車とバスが大好きです♪ あれほど大好きだったアンパンマンは、早くも卒業の兆しを見せています。
時の流れの早さと、子供の成長のスピードが、なんだか寂しくもありますね(笑)



さて、今日もオーラについてです♪

オーラを視る力や方法としてここまで主に説明してきたのは、「アストラルアイ」と「共感力」についてです。

前回説明をした共感力に関しては、みなさん、私のオーラを結構しっかり感じとって当ててましたね♪
私以外で同じような感じを受ける人が居たら、その人のオーラも青と白銀が主体かもしれませんね♪

この力は訓練は勿論出来ますが、経験の蓄積によるところも大きいです。
一度感じ取って覚えてしまえば、同様のエネルギーに出会ったときになんとなく解ります。
目に見えないエネルギーのソムリエみたいな感じでしょうかね♪

多くの人は、この二つの力のうち、共感力の方が発達しているとおもいます。
何故なら、共感力はごく小さい頃から親とか大人の顔色をうかがったり、仲間内で気を遣ったり空気を読んだり、日常生活で普通に使ってきた能力だからです。

ですから、大抵の人間にとっては、未発達な「視る」能力よりは、「感じる」能力の方が実際は当てになることが多いです。

オーラ視に関しては、アストラルアイによって視る事も共感力によって感じる事もどちらも精度に問題があると申しましたが、この2つの力両方を活用出来れば精度は飛躍的に向上すると思います。
視たものが本当か感じ取ってみる 感じ取った事が本当か視てみる といった風にです♪


ちなみに私の場合は、感じとった事の裏付けとして視て確認するといった手順になる事が多いです。

アストラルアイで視る行為は オーラ視 と言えると思いますが、共感力で感じ取る場合は リーディング と言った方が正しいかもしれませんね。

全ての霊能者に共通するわけではないのですが、実は「視る」という能力を使うときにはそれなりに多量のエネルギーと集中力が必要になります。
つまり、本当に視る力がある人にとっては オーラを視てほしい と言われるとちょっと面倒くさい感じなんです(笑)

オーラなんか視えなくても、相手がどんな人か、今どんな気持ちであるか、だいたいの事は「察し」がつくと思います。
実際に視る力を持っている私の経験から言えば日常生活でオーラ視が役立つことはあまりありません。
嘘を見抜くときぐらいでしょうか?(笑)それさえも視ずとも「察し」がついてしまう事は多々あります。

それでもやっぱり視たい! って方もいらっしゃると思います。(笑)

相手のダメージを感知するなど、ヒーリング等の霊的な能力や目的と結びつくケースにおいては、オーラ視はとても役立つと思います。
次回はそんな事とからめて、視る事について少し書いてみます♪


いつもありがとうございます♪



■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪








posted by ☆ウリエル☆ at 14:33| Comment(2) | TrackBack(0) | オーラ

2013年10月27日

オーラ視 共感力

こんにちわ♪

今日も天気が良かったので子供とお散歩に行ってきました♪
午前中、10時ぐらいに一緒に出かけて、片道2キロ、往復4キロ♪

行き先は近所?のちょっとしたショッピングモールのような所で、子供の遊び場もある感じです。
家で家事をしてくれている妻に、お団子屋さんでお土産を買って、帰り道の最後の1キロは歩くのに疲れた子供を抱っこして帰ってきたのでちょっとくたびれましたが(笑)


子供が親と過ごす時間は貴重なものですが、親が子供と過ごす時間も、同じように貴重なものですね♪
子供のおかげで、私が知らなかった私を発見することが出来ます♪

それと、子供が大きくなるにつれて散歩で出かける距離も次第に長くなり、少しずつ変化していく習慣のもたらす効果にも驚いています。

子供との散歩がだいぶ運動不足の解消に役立っていて、走っても息切れする事も無くなり、体重も今年の初めから比べると7キロぐらい痩せました♪

まあ、全てが子供との散歩効果という訳ではないでしょうが、身体が軽くなると散歩で遠くに出かけようという意欲もますのでこういった事は本当に良い相乗効果がありますね♪

今日は妻が夜の寝かしつけをしてくれているので、私はこうして日記を書いています♪


さて、今日もオーラの事を書こうと思いますが、そのまえに♪

アストラルアイの形成で「知る」事が最初で、「視たいものを視る」といった説明しました。
前回の日記のコメントにロゼンナポさんから頂いた「視ようとしたわけでもないのに視える」といった事がありました。

ロゼンナポさんのようなケースは、もちろんあります。


実はこれを言ってしまうと、身も蓋もない感じの話になってしまいますが、オーラ視を含むあらゆる霊能力の発現は、先天的なものが大きいのです。

私は庭さきで、人間の人生は「魂のプラン」によってある程度決まっていると説明しています。
霊能力の発現に関しては、今世での修行や訓練よりも、過去世の積み重ねと、その力が発現するような「魂のプラン」になっているか否かが大きいです。

「知る」という事についても同様で、生まれ変わりを繰り返す私たち人間にとっては、今世でまだ知らない事でも、潜在意識は「すでに知っている」という事があります。

何より、霊的な体験や能力は「上から与えられる」という要素も大きいのです。


私自身もそうでしたが、瞑想を始めてから、オーラ視にしろ、体外離脱にしろ、何の予備知識も訓練も無く、ある日突然にそれは起こりました。

センターラインのチャクラのうち、第二 第四 第七 の3つ、特に上位の機能は私たちの魂や神の管理下にあります。
つまり、心の清めや愛によってしか進むことの出来ない段階があり、それによってしか得る事の出来ない体験や能力も勿論あります。

ですから私は、あらゆる霊能力は「心を清めて愛をもって生きる」なら、自然に、そして安全に目覚めていくといつもお伝えしています♪

まあ、なんにせよ、望まずとも視たり体験する事はあります♪
それも神の与えた一つの機会と経験には違い有りません。


さて、今日はオーラの感じる部分について説明します♪

共感能力

共感力、とか共感能力と呼ばれる力をご存じですか?
これは人間の「感性」とも言えるものです。

共感力がある人は、良くも悪くも、相手の立場に立ってものを考える事が出来たり、それによって相手の感情や思考を理解します。「察し」ですよね♪

共感力が強まると、「察し」もだんだん当たるようになってきます。
あまりによく当たると、人によってはまるで「霊視」が出来るかのようにいろんな事を「察する」ようになります。日々を真剣に、そして明晰に生きているほどに、この感じる力は強まります。
そしてこの力の延長上に、「霊能力」と呼ばれる力があります。


オーラリーディングをする多くの人達は、「共感力」によって行っているように思います。
共感力によって感じ取った相手の性質をオーラの色に照らし合わせて説明している。
共感力によって「オーラの色」そのものを感じ取って説明している。
といった感じです。

だいぶ以前に庭さきの日記にイメージとビジョンについて書いた事があります。
http://garden.arcangel.jp/archives/200811-3.html

人にもよるとは思いますが、「共感力」によって感じ取ったものが「イメージ」として頭に思い浮かぶ = オーラ視 みたいな方法でオーラ視をしている人が世の中にはとても沢山います。

「この人は青っぽいイメージ」とか、「この人は黄色っぽいイメージ」
ぐらいのものだと、感とかフィーリングでモノを言っているレベルを出ないと思います。


共感力が強い人だと、「この波動は青色」「左肩からグレーを感じる」ぐらいの事は解り、ぼんやりでもわりとしっかりしたイメージを持つことが出来ます。

さらにこの感覚が強まると、私のように相手の痛みや不健康な箇所が視なくても解ってしまうようになったりします。このへんの話になると、オーラとは関係無くなってしまいますのでここでは割愛します。


いずれにせよ、共感力によるオーラ視にある問題はその「精度」です。
結局これも、アストラルアイと同様でそれを行う人の霊的なレベルによってどれだけ本質を感じ取っているかが変わってくると思います。


さて♪ 例えばですが、すでに庭さきでは ☆ウリエル☆ の持つオーラの色が書かれています。
どうですか? みなさんが感じるオーラの色と、私の記述は一致しますか?

もし、私のオーラの色とかまだ知らない人はご自身の共感力をちょっと試してみてもいいかもですね♪
一応下の方に書いておきます♪

単に色ではなく、景色や風景、模様などでイメージをしてみてもよいかもですね♪







































若い頃の私は、「青」のオーラと、若干の「赤」系が差して「紫」のオーラも持っていました。

2008年ぐらいから赤系のオーラはあまり観察できなくなりました。
今現在はやはり「青」系のオーラが強く、「白」「白銀」と「白金」を持っています。
青は紺色っぽく濃いけど光った青です。

景色で言うと、明け方の空がまだ青く明るくなり始めている時間とか、夕方の空から赤みが引いて月が出ているような風景に似ています。

当たってましたか?

いつもありがとうございます♪



■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪














posted by ☆ウリエル☆ at 22:34| Comment(14) | TrackBack(0) | オーラ

2013年10月19日

オーラ視 訓練 (アストラルアイの形成)

こんにちわ♪

最近こんな事がありました♪
何年も使っているお皿があるのですが、子供がこのお皿の植物の柄を指さして

子「ぶーべりぃー」と言ったのです。

私「本当だ、ブルーベリーだ!?」
「何年も使っているお皿なのにどんな柄とか知らなかったりするんだから人間なんていい加減なものだよなぁ」

妻 「とてもウリエルさんとは思えない発言だ(笑)」 
「きっと庭さきに来る人が思い浮かべてるウリエルさんって、もの凄く注意深くて、電信柱の電線の数が何本とかそんな事まで数えて知っているような人だと思うよ。」

私は妻の言葉が面白くて笑ってました(笑)


日常的な注意力や集中力の先に霊能力と言われる力があります。

例えば私がよく口にする「高次の認識」や、最近日記のテーマにしている「オーラ視」の力なんかもそうです。

人は自分が注力するもの、「フォーカス」するもの以外はぼんやりと感じ取って生きています。

今日外出中にすれ違ったり見かけた人間を思い出してみたのですが、だいたい思い出せました。
でも、家のお皿の柄は知らなかった。

私のように日々を明晰に生きようと意識している人間でさえ、そんなもので、まだまだ修行が足りないようです(笑)


みなさんはいかがでしょう?

今日すれ違った人間もれなく思いだし、お家のお皿の柄とかだいたい思い出せるようなら、きっと注意深く観察力のある人だと思います♪

そういった人の方が、霊的な力も目覚めやすいのです。



さて♪ 今日もオーラのシリーズです。

オーラ視において、色のあるオーラを見る為には、第六チャクラの覚醒が関係しています。
そして幽界(アストラル界)に属するエネルギーを曇りや歪みなく視る為には、自分自身の想念や観念で形成されるアストラル体の眼が健全で無くてはなりません。

曇りや歪みの無い「アストラルアイ」をいかにして形成していくか?
今日はその事について書いてみたいと思います。


アストラルアイの形成

人間の幽体(アストラル体)は人間の肉体の成長のように、心の成長と共に成長します。
人間の幽体(アストラル体)の眼であるアストラルアイも同じです。

例えばですが、普通は見えないものってありますよね? 
霊とか天使、オーラなどもそうですが、見えなければ当然、意識がフォーカスする事はありません。
つまり、眼に見えない存在や世界のことを、誰も教えなければ、その人間はおそらく、意識がフォーカスすることもないので、一生見ることがないかもしれません。

見えないものを視る能力は、まず「知る」事が最初で、それを「視よう」としたときに起こります。

眼には見えない「オーラ」という存在を知り、「視よう」とする事でそれを視るための霊的な器官が形成されます。

もしアストラルアイをテレビとたとえるなら、視ようと思っている事柄はチャンネルのようなものです。

例えば「霊」を視る人でも「オーラ」は視えないなんて人もいます。もちろん逆もあります。
天使とか妖精とか、目に見えないものはそれぞれたくさんあるのに人によって見えるものが違ったり限定されるのも、視ようとしたものを視る為に形成されるというアストラルアイの特性によるものです。


いかにして曇りや歪みのないアストラルアイを形成するか?

私がいつも言う言葉がすでに頭に浮かんでいるのではないでしょうか?
心を清めて愛を持って生きることです♪
これは全てに共通する「心構え」みたいなものです。


具体的な方法について、有効なのは「観察」です。

曇りや歪みを与えないために必要なのは、オーラという存在や現象を知り、それを視る事を欲したなら、あとはオーラという存在がこの世界や見えない世界に起こす事象を「ありのまま」に「観察」する事です。

自分では解釈を与えず、オーラのありのままをただひたすらに観察するのです。

例えばオーラの事について書かれた本を読んで、「オーラとはこういうもの」という思い込みがあったなら、その思い込みの入った「アストラルアイ」が形成されるので、「オーラのありのまま」ではなく、「本を読んで知ったオーラ」の見え方になってしまいます。

その場合、確かにオーラは見えますが、それは本来のオーラとは似て非なるものになってしまいます。



さて♪ ここには一つの矛盾があります。
本来見えないはずのオーラを視て観察する事は出来ませんよね?

どうやって観察しましょう?


アプローチは2つあります。

(1)肉体の眼で見えるオーラの領域を広げ、より幽界(アストラル界)に近いオーラを観察する事で、形成を促す方法。

(2)幽界(アストラル界)のエネルギーを視やすい状況を作り出して観察する方法。

1は周辺視野を鍛えることで視えてくる白や薄い黄色のオーラを観察し続ける方法です。
 つまりは、第一、第二階層のオーラでも、それを観察し続けているとアストラルアイは形成され、幽界(アストラル界)のエネルギーを視る機能を備えていくのです。

2は、アストラル領域のエネルギーが実際に働いているもの、つまり、見えないエネルギーを扱うことの出来る特殊なアイテムを利用する方法です。シンボル、図形、ピラミッド、ストーンなど様々です。
こういった物にはそれを扱うメリットやデメリットがあるので、今は全部は説明しません。


まず簡単なものとしてオススメしたいのは、(1)蝋燭の炎 (2)黒い鏡 


蝋燭の炎

火には私たちが肉眼で見ている以上のエネルギーが実在します。
ずっと観察していると、普段知らなかった炎の事が色々と解ってきます。
一本の蝋燭の炎がこの物質世界だけでなく、高次の世界にも存在しているという事。
するとさらに分かる事があります。炎の光や発する熱などはエネルギーの波であるという事です。
普段見ていた炎、以上のものがいずれ視えてくると思います。


黒い鏡

私が以前持っていたものは、ホームセンターで購入した円形のアクリル板の裏側に、黒いエナメル塗料を塗ったものでした。これはオーラ視の訓練というよりは、魔術の道具としてこさえたものでした。

作るとなるとお金も手間もかかるので、まずは簡単な代用品として、電源を切った液晶テレビなんかを使ってみてください。さすがにテレビは魔術には使えませんが(笑)
初期のオーラ視の訓練であれば、これで十分です。

液晶テレビのある部屋といったら普通はリビングでしょうか? 薄明かりをつけて、テレビの黒い画面に映った自分の姿と、頭や首、肩のあたりを観察します。
その人の段階にあったものが視えると思います。


上の二つの方法、どちらの場合も組み合わせて行うと有効なものがあります。

呼吸です。

4秒吸って 4秒吐く を個人的にはオススメします。

呼吸はなめらかに折り返すので、実際には、4秒吸って、2秒かけて吸うから吐くに移行して、4秒吐いて、2秒かけて吐くから吸うに移行する。 呼吸をピタッと止めないでなめらかにやるのがコツです。


なぜオーラ視の訓練に「呼吸」が有効なのでしょう? 

呼吸によってチャクラが活性化され、自分自身の霊的なエネルギーが高まり、見えないものが視えやすくなるなります。

例えば、黒い鏡の訓練などでは、鏡に映った自分自身のエネルギーも高まっている訳ですから、認知しやすくなるという事も言えると思います。

私は普段、オーラ視をするときには、呼吸を整え、エネルギーを集めたり高めることをしています。



いいですか? 「オーラのありのまま」を観察する、ですよ♪

そして「心を清めて愛を持って生きる」です♪



これらの訓練をどれぐらい続ければオーラが視えるようになるか? 

私はこれを読む人の、貴重な時間を奪いたくないので、あえてハッキリ書きます。
訓練を続けても、生涯、幽界(アストラル界)のオーラを見れない人もきっと居ると思います。
逆に、少しの訓練でも視えるようになる人も居るかもしれませんが、そちらは少数だと思います。

私が思うことは、オーラが視えるといった力より、家族や身近な人に思いやりを持って接する事が出来るといった事の方が、よっぽど人や自分の為になると思います。

大切な事を差し置いてまでやる価値のある事ではないと思います。


いつもありがとうございます♪



■ランキング参加中♪ 心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif
人気ブログランキングへ

Banner_N1.gif
ブログ村 スピリチュアル・精神世界

ひかり
精神世界ランキング



■天空の庭さきWEBサイト

より詳しい情報があります♪


■天空の庭さき-angelbook-

携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪


■メールマガジン登録はこちら♪

護符待ち受け画像付です♪
posted by ☆ウリエル☆ at 23:21| Comment(19) | TrackBack(0) | オーラ

■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村 スピリチュアル・精神世界
ひかり 精神世界ランキング


■天空の庭さきWEBサイト
より詳しい情報があります♪
■天空の庭さき-angelbook-
携帯サイトです、文庫本代わりにでも是非♪
■メールマガジン登録はこちら♪
護符待ち受け画像付です♪ です♪